大人ニキビは乾燥肌に多い。皮脂対策は逆効果!

大人ニキビは乾燥肌に多い。皮脂対策は逆効果!

思春期の象徴でもあるニキビですが、大人になっても悩んでいる人が多くいます。でも、思春期ニキビと大人ニキビは真逆の性質を持っている面も。そのため、対策を間違えるとニキビを悪化させたり、増やしたりしてしまいます。

できる場所も違う。思春期ニキビと大人ニキビ
多くの人が最初にニキビに悩んだのは、思春期の頃でしょう。第二次成長期にホルモンバランスが大きく変わり、皮脂の分泌も一気に増えるために、顔にニキビがポツポツ。中には背中や胸元までできることもあります。
ニキビはこのイメージが大きいため、「皮脂が過剰になってできるもの」と思われることが多いのですが、大人ニキビは原因が違うことがほとんどです。

例えば、ニキビができる場所に違いがあります。思春期のニキビは、顔全体や額を中心にできることが多いのですが、大人ニキビはアゴや頬にできることが多くなります。また、睡眠不足やストレスで悪化するのも特徴です。
「そういえば・・・」と感じる人も多いのではないでしょうか?

– 皮脂過剰ではなく、角質機能の衰えが原因
27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_m.jpg
大人ニキビに悩む人の中には、「乾燥肌なのにニキビができる」と不思議に思った人もいるかもしれません。実はそれこそが大人ニキビ。大人ニキビの原因は皮脂の過剰分泌ではなく、角質層が正常な新陳代謝を行わないことにあります。その理由は、不規則な生活やダイエット、栄養の偏り、またストレスなどの精神的な部分が関与していることもあります。

私たちの肌は、「ターンオーバー」を繰り返し、新しい細胞が古い角質を押し上げてはがすことで健やかさを保っています。ところが、何らかの原因でターンオーバーが乱れると古い角質層がはがれ落ちずに厚くなってしまいます。これが毛穴を塞ぐことになり、ニキビの原因となります。

特に乾燥肌の人は角質層の機能が低下しがちなので、大人ニキビもできやすくなります。この場合、洗顔をして肌を清潔な状態にすることも大切ですが、洗い過ぎるとさらに乾燥が進み、角質機能をさらに低下させてしまうので、逆効果となります。ましてや、皮脂を抑える成分が配合された化粧品を使うのはご法度です。

– ポイントは保湿!洗いすぎは逆効果に
27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_m.jpg
では、大人ニキビの対策はどのようにすればいいのでしょうか?
最大のポイントは、角質機能を正常化することにあります。そのためには水分をしっかりと与える保湿ケアがポイント。しかし、油分を敬遠して化粧水しか使わないというのは間違いです。角質が正常に入れ替わっていく環境を整えるには、油分の少ない保湿美容液を使用してお肌の水分を保持する力を高めることが重要です。また、コンスタントに水分摂取を行い、体の内側からしっかり保湿することも大切。ダイエットや食事の偏りによる栄養素不足もお肌のターンオーバーには影響があります。

洗顔も重要なことですが、洗いすぎは逆効果になります。朝晩の2回洗顔は美肌菌を減少させることにもつながります。夜はクレンジングと共に洗顔で汚れを落とし、朝はぬるま湯で汚れを洗い流す程度にすると良いでしょう。

除菌剤が入った洗顔剤を使用する場合は、ニキビの原因となるアクネ菌が除菌されると同時に、美肌菌も洗い流されてしまいます。美肌菌が減ることで皮膚の免疫力が低下したり乾燥に導くこともあります。免疫力が下がると、残っている菌が傷に入ってしまい、さらに荒れてしまう可能性も。除菌をしながらのケアは専門医の指示を得ながら実施することをおすすめします。

古い角質層を除去するためにケミカルピーリングを行う方法もあります。これは肌表面の角質層を薬剤によってはがしてしまう方法ですが、肌質によっては肌トラブルの原因になってしまうので、専門医の診断を受けてからにしてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中