敏感肌で使える化粧品がない!?その本当の理由と対処法

敏感肌で使える化粧品がない!?その本当の理由と対処法

化粧品を使うとかゆくなり、赤く熱をもった状態になる人がいます。その理由はなんでしょうか?
ここではその理由と、化粧品に反応してしまった時にとるべき対処法をご紹介します。

軽いかぶれから皮膚炎まで反応はさまざま
お肌が敏感で、化粧品を選ぶのに慎重になる人がいます。新しい化粧品に変えると赤くなったり、かゆみを感じたり、時には一過性で治らないために病院に行かなければならないこともあります。また、以前は問題なく使えていた化粧品を久々に使ってみたら赤くなってしまったという経験がある方もいるでしょう。これはなぜ起こるのでしょうか?

化粧品で起こる反応は、ちょっと赤くなる程度ですぐに消えてしまうものや、ある程度の期間継続してしまうものなどさまざまです。

これはお肌が化粧品を異物と感知し、アレルギー反応を起こして異物を除去しようとして起きた炎症、または化粧品そのものが刺激となり皮膚の抵抗力がその刺激に負けて起きた炎症です。反応を起こす原因成分は、油脂や香料、色素、界面活性剤、防腐剤など。何に反応するか、またどの程度で反応するかは人によって違います。なかにはすぐに反応がでず、しばらくしてから症状が出てくる人や、何度も使用しているうちに反応するようになる人もいます。

– かぶれ発生の原因が体調不良であることも
27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_m.jpg
「化粧かぶれ」はいわゆるアレルギー反応のひとつなのですが、これには私たちが持つ「免疫」が大きく関係しています。
免疫は「疫=病気」から「免=免れる」ための機能です。
免疫反応は、原則として自分のからだの成分に対しては起きません。新しい化粧品でかぶれるのは、「その中に入っている成分の中に、これまで使っていた化粧品の成分と違った成分が加わっていたため反応を起こした」と考えることができます。

それまでの経験から「何にでも反応してしまう」と思い、化粧品選びに頭を悩ます人もいますが、実は特定の成分に反応していることもあるのです。複数の化粧品で同じ反応がでた場合、「何にでも反応」したのではなく、「共通する成分に反応」していることを疑います。その成分を特定する(または何に反応しやすいかの方向性を知る)ことで、化粧品選びが楽になります。

アレルギー反応は、、体調が崩れているときにも起こすことがあります。例えば、生理中や更年期、病気の前後などはホルモンのバランスが崩れがちで、いつもは何ともないの物質に敏感に反応したり、少量であれば反応しなかった物質に少し触れただけでピリピリと反応を感じたりする人もいます。アレルギー反応を起こしにくい安定した肌環境を保つためには、体調管理も大切。寝不足や過労にも注意してください。
ほかにも、季節の変わり目に反応が出やすくなる人もいます。

– かゆみを感じたら、すぐ洗う
27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_m.jpgでは、化粧品を使ってかゆみを感じたときはどうすればいいでしょうか?
まずは反応を起こした原因を除去することが大事です。水で顔を洗い、化粧品を取り除きます。そのあと、熱を持った肌を水で冷やします。このとき、氷を使うとそれが刺激になり炎症を悪化させる可能性があります。また、手やタオルで肌をこするのは逆効果です。炎症を起こしている皮膚は表皮に傷がついていますので、摩擦はそれを助長します。さらに、紫外線に当たることでも症状が増すことがあるので注意します。

しばらくして症状が治まるのであれば問題はありません。自己免疫機能が働き、原因を除去することができたといえるでしょう。

化粧品を変えるときは、必ずサンプルをもらってアレルギー反応がないかを確認することをおすすめします。生理期間や季節の変わり目にかぶれが発生しやすい人は、こういった時期を避けて化粧品を変更するほうがよいかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中