その乾燥肌、美肌菌不足かも?美肌菌が少ない肌の特徴と対策

その乾燥肌、美肌菌不足かも?美肌菌が少ない肌の特徴と対策

誰の肌にも存在するはずの美肌菌。しかし、美肌菌が少ないために、乾燥やかぶれといった肌トラブルに悩んでいる人がいます。
その理由は?改善するにはどうすればいいの?
美肌菌がすくすく育つ理想的な肌をつくるためのコツをご紹介します。

乾燥肌でメイクノリが悪いのは、美肌菌が足りていないサインかも
スベスベで健康的なお肌は、油分と水分のバランスが最適な肌です。

ここにはお肌の常在菌が大きく関わっています。菌には、「美肌菌」と「悪玉菌」があり、美肌菌が優位な状態で存在している必要があります。

でも、美肌菌が減ると乾燥肌になりやすくなります。
なぜでしょうか。

美肌菌はお肌の表面に存在し、「リパーゼ」という脂肪分解酵素を作りだしています。この酵素は皮脂成分を分解する過程で肌表面にで「グリセリン」を放出します。グリセリンは、お肌にうるおいを与える保湿成分です。
つまり、美肌菌が少ないと皮脂成分の分解も充分に行えず、「グリセリン」の生成量も減ってしまい、乾燥してしまうのです。

メイクのノリが悪いという人は、お肌に美肌菌が少ないために乾燥している状態かもしれません。

乾燥したお肌にお化粧をなじませようと思っても、ファンデーションがお肌にきれいにのらず、ムラになってしまいます。お化粧の「ノリ」には保湿が大切なのです。

さらに、美肌菌は「抗菌ペプチド」という物質を分泌しています。これは肌荒れをおこす菌と戦って死滅させる役割を持ちます。これが少ないと悪玉菌がお肌を侵食して肌トラブルをおこしてもそれを止められないだけでなく、さらに広げてしまいます。つまり、「抗菌ペプチド」の減少は、お肌の免疫力の低下とも言えるのです。ちょっとしたひっかき傷でもかぶれてしまう人は、悪玉菌に対して美肌菌が少なく「抗菌ペプチド」が悪玉菌の増殖に間に合わない状態です。

– 1日2回の洗顔は美肌菌を減らしている可能性があります
27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_m.jpg
美肌菌は、表皮に住んでいます。ここは0.02mと非常に薄く、洗顔をしただけで落ちてしまいます。1日に2回(朝晩など)洗顔をする人は、どんどん美肌菌を減らしている状態です。また最近は、除菌効果のある洗顔剤も多くあります。これはニキビの原因となるアクネ菌などを除菌する一方、美肌菌まで除菌していることもありますので注意が必要です。

「美肌菌を洗い流しても、基礎化粧品で油分や水分を補えば問題ない」と考える人もいるかもしれませんが、そこには落とし穴があります。基礎化粧品でひと時は補うことができるでしょう。しかし、美肌菌が少ない肌は、その環境を保持する力も衰えています。お肌は恒常性を保つ傾向にあります。外から保湿される環境に慣れてしまうと、自分で油分を出したり、保湿しようという能力を使わなくなります。そのためますます、乾燥しやすいお肌をつくってしまうことになります。

また、菌は自分で栄養素を作りだすことができません。肌表面に存在する皮脂や汗を栄養にして増えていきます。そのため、洗顔で皮脂を洗い流されてしまうと栄養不足となり、増えることができなくなります。さらに、美肌菌が増えなければグリセリンが不足し、さらにお肌が乾燥するという悪循環になってしまいます。

– 朝の洗顔はぬるま湯のみ。オフの日はメイクもオフ
27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_m.jpg
美肌菌を育てるには、洗いすぎないことが最重要となります。1日に朝夕の2回洗顔をしている人は、夜はメイクをしっかりクレンジングして汚れを洗い流すにしても、朝はぬるま湯のみで余分な汚れを落とす程度にします。
また、美肌菌の増殖には空気に触れることも大切です。休日にはメイクをせずにお肌の休息日を作ることもおすすめです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中