健やかな肌をキープするカギは、美肌菌にあり!

私たちは美肌キープのためにスキンケアに気を使ったり、食べ物に気を使ったりしています。でも同じことをしても、すべすべの肌になる人とそうでないがいます。その違いは何でしょう?
その秘密はお肌に存在する美肌菌にあります。一人ひとり違った個性を持つ美肌菌。その秘密をご紹介します。

– 誰の肌にも美肌菌が存在します –
美肌づくりには、“美肌菌”が大きく関わっています。
腸に腸内環境をきれいにしてくれている、ビフィズス菌などの善玉菌がいることは有名ですが、お肌にも、お肌の環境を良くしてくれる善玉菌=美肌菌がいます。
それは、「表皮ブドウ球菌」「アクネ菌」です。

表皮ブドウ球菌は肌荒れ、シミなどの色素沈着、老化を予防する菌で、酸素が大好きなため、主にお肌の一番外側の表皮といわれるところに住んでいます。汗や皮脂を食べて保湿効果のあるグリセリンを作り出し、お肌の潤いを保つのが主な役割です。また、「抗菌ペプチド」というお肌を守る自然免疫を作り出し、悪い菌などが侵入してきたときに肌を保護したり、肌荒れの修復をサポートしてくれたりします。
表皮ブドウ球菌.jpg

アクネ菌はニキビを引き起こす菌として有名ですが、実は悪い働きをするのは一部のみ。多くは肌荒れや老化を予防する存在です。お肌がアルカリ性に傾いたとき、弱酸性に戻してくれるのもアクネ菌の役割です。
アクネ菌も皮脂を食べて増殖しますが、酸素のないところを好むため、毛穴の奥や脂腺など空気の触れにくいところに生息しています。お肌は酸には強いがアルカリ性には弱いという性質があります。
アクネ菌.jpg

美肌キープに大きな役割もつ美肌菌ですが、それは最適な量が存在するとき。実は、多くても少なくても肌トラブルの原因になってしまうのです。

– 栄養が多いと過剰になり、肌荒れの原因に
表皮ブドウ球菌は、皮脂を食べて保湿剤であるグリセリンを作るとき、皮膚に強い刺激を与える物質も生み出します。その量が多ければ多いほど、お肌へのダメージが強くニキビなどの炎症を起こすことになります。

美肌菌の増殖は、栄養状態に左右されます。乾燥しているからと乳液と美容クリームを両方使うと、栄養となる皮脂が過剰になり肌荒れにつながります。また、化粧品には多くの油分を含んでいます。クレンジングが不十分だとお肌に化粧品が残り、栄養過多になるので注意が必要です。

– 洗顔し過ぎると菌が少なくなり、ニキビやただれの原因に
27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_m.jpg
逆に美肌菌が少なすぎると、お肌の免疫力が低下します。すると、それまで活動が抑えられていた悪い菌が活性化され、ニキビが増えたりただれたりします。こうなると、ちょっと顔を掻いただけで赤くなり肌荒れの原因になってしまいます。また、保湿も十分でなくなり乾燥肌になりがちです。お肌がカサカサしてお化粧のノリが悪い人は、美肌菌が減っていることが多いです。

美肌菌が少ない人に多いのが、顔の洗い過ぎです。1日2回、朝夜と洗顔剤を使っている人は、美肌菌まで洗い流してしまっています。さらに除菌剤入りの洗顔料を使う、美肌菌まで除菌している人もいます。

美肌菌は環境がよければ生き続けることができ、肌質がよくなります。美肌菌を優位に維持するために、皮膚の環境=肌質をコントロールすることが大事になります。